お知らせ

EvernoteのChromeエクステンションに「同時検索」とメール機能を追加

2010/10/1 by Evernote Japan

2010/10/1 by Evernote Japan

コメント

今週サンフランシスコで開催された「TechCrunch Disruptカンファレンス」で、GoogleのCEO、エリック・シュミットが発言した内容にわれわれは注目しました。シュミットはユーザーの活動をモニターしながらさまざまなデバイスで常にバックグラウンドで自律的に作動する検索機能「セレンディピティー・エンジン」を提案しました。シュミットによれば「検索の次の段階は、ユーザー毎のパーソナル化をいっそう進めることだ」と述べています。 実はEvernoteではシュミットCEOの提案とまったく同じ機能を開発していました。そこでわれわれは急遽EvernoteのGoogle Chromeブラウザ向けエクステンションの新バージョンを発表することを決めました。この新バージョンにはわれわれが「同時検索」と呼ぶ機能が盛り込まれています。

同時検索について

同時検索では、ユーザーはEvernoteアカウント内とGoogleとを同時に検索できます。ユーザーは今までどおりGoogleで検索を行うだけでよいのです。すると通常のGoogle検索結果に加えて、Evernoteのノート内で何件の合致結果があったかが1行表示されます。検索に合致した文書の数は同時にブラウザのツールバーのEvernoteエクステンションのアイコンに重ねて表示されます。Google検索ページの件数、あるいはEvernnoteアイコンの件数をクリックすると検索結果に合致したEvernoteの内容がすべて表示されます。これによって検索結果は今までよりはるかにユーザー個人のニーズに合致したものとなります。

新機能の重要性

当初はわれわれ自身の中にも新機能の効果に懐疑的な声もありました。しかし数分使ってみるだけで疑念は消えてなくなりました。すでにEvernote内に保管されている内容を求めていかにたびたびGoogle検索を行っていたか、ユーザーはその回数に驚くはずです。「セレンディピティー」とは「思いがけず嬉しい発見をする」という意味ですが、あなたがウェブで探していたものが実はすでにEvernoteに保管ずみというのは、まさに「セレンディピティー」そのものの体験といえるでしょう。

2つの検索結果を同時に見られるので、別個に検索した場合よりもずっと効果的にユーザー個人の文脈にマッチした情報が得られます。

同時検索機能はGoogle画像検索、Googleショッピングなどのサイトでも有効です。

新機能を有効にするには

同時検索を有効にするためには2つの方法があります。Evernoteエクステンションの設定ページとログインページにそれぞれ同時検索のチェックボックスがあります。同時検索はデフォールトではオフになっているので、有効にしたい場合はどちらかのチェックボックスをクリックしてオンにします。なお、同時検索を実行するにはEvernoteにログインしている必要があります。Evernoteに保管したはずの事項について同時検索を有効にした状態で検索を実行し、アイコン上に検索結果のバッジが現れない場合、Evernoteにログインしていない可能性があります。エクステンションのアイコンをクリックしてログインしてから再度検索を実行してみてください。

今後はChrome以外にも拡張

この同時検索は現在Google Chromeブラウザ上でGoogle検索を行う場合のみ機能します。われわれは他の検索エンジンやブラウザにもこの機能を拡張しようと準備を進めております。ユーザーの皆さんのご希望をお寄せください。

ウェブクリップのメール送信

今回のアップデートで便利なソーシャルな機能を追加しました。 Evernoteエクステンションのポップアップ窓の中からクリップ内容を最大10人までの相手にメールで送ることができるようになりました。どんなクリップについてもメール本文に説明のためのテキストを記入することができます。

Chromeエクステンションのアップデート

Google Chromeエクステンションのアップデートは自動的に行われますのでユーザーがあらためて操作する必要はありません。もしエクステンションのアップデートが行われていない場合は、Chromeブラウザを再起動してください。それで最新の状態に更新されます。

※本エントリーはUSのEvernote Blogを翻訳したものです。原文はこちら

※本件に関するニュースリリースはこちら

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: 'お知らせ'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

1 件のコメント RSS

この記事に対するコメントを残す