使い方と事例

授業での Evernote 活用法: 科学教師のおすすめ利用法 – 教育シリーズ

2011/12/22 by Evernote Japan

2011/12/22 by Evernote Japan

コメント
氏名: ケビン・ブラン
職業: 6 年生と 8 年生担当の科学教師
居住地: カリフォルニア州、カーメル
学校: カーメル・ミドルスクール

略歴

ケビン・ブラン氏は、カーメル・ミドルスクールの 6 年生と 8 年生(日本の中学 2 年生に相当)に科学を教えています。

どこでも Evernote 利用(ダウンロード)

お気に入り関連ツール

  • ScanSnap スキャナー: ワークシートや生徒の作品をスキャンして取り込むのに利用
  • JotNot : 日々のdaily itineraryのスナップショットを撮り、Evernote に瞬時に保存するのに利用

Evernote 活用法

1 年ほど前に初めて Evernote を知りましたが、使いこなし始めたのは最近です。授業などで Evernote を利用している方法を、以下にいくつかご紹介します。

生徒との情報共有

  • 最近、近所で山くずれがあり、道が塞がれたために生徒が数週間学校へ通えないことがありました。この際、Evernote の共有ノートブックを使うことで、楽にクラスノート・ワークシート・PowerPoint・研究室データを生徒と共有できました。このおかげで、教室に来られなかった時も、生徒達が後れを取ることはありませんでした。[Evernoteで共有の開始方法]

  • 生徒が必要とする可能性のあるものはすべて、ワークシートも記事も、研究データも、リンクか Moodle(学校区域で組み込まれたサービス)を使ってアクセスできる共有ノートブックに入れています。
  • Scanscap スキャナーを持っており、Evernote に直接ワークシートを送るのに使っています。時々、特に優れたと思える生徒の作品もスキャンします。作品を承認し、他の生徒と(共有ノートブックで)共有する優れた方法です。

リサーチ・研究

  • Evernote を使う前は、リサーチのために多数のサイトをブックマークしたり、リンクを自分宛にメールしていました。以前は Web 上で読んでいるものを管理するのは大変だと思っていましたが、今は Evernote Web クリッパーを使って記録したいものを Evernote アカウントに送るだけで済んでしまいます。これで必要な時にいつでも、検索とアクセスが可能です。
  • リサーチのツールとして使うため、最近 8 年生の生徒すべてに Evernote アカウントを登録させました。生徒達は Web から記事をクリップし、ノートをとって研究結果を Evernote 内で記録しています。

教室外での学習

  • 生徒達がその日にする作業を、作業プランとしてホワイトボードに毎日書いています。クラスに出られなかった生徒のため、この写真を撮影して Evernote に入れておきます。私の共有ノートブック内で、過去の作業プランをすべて確認できます。Evernote と一緒に使うのが非常に楽なため、写真は JotNot で撮っています。

  • クラスには組み込みにくいけれど、学校で学んでいる題材に関連する興味深いこと(環境問題など)を見つけることがこれまでもありました。近頃は Evernote に記事やビデオリンクまで保存してしまいます。生徒は、自分達の勉強している内容が、どのように「現実の世界」と関連しているのか確認できます。

  • 他の多くの学校と同様、私の学校でも 1:1 モデルを検討中です。さらに融合された形で、教室にテクノロジーを組み込む方法を模索しているところです。Evernote が実質的にどんなデバイスからもアクセスでき、情報が同期されるということは、どんな技術を選んでも、教師や生徒はいる場所に関わらず、今まで通り自分のノートすべてにアクセスできるということです。[1:1 展開に関する詳細(※リンク先は英語記事です)]

使い方のヒント

特に生徒のため、自分の Evernote アカウントを整頓された状態に保つように努めています。 たまにアカウントを見直し、ノートを違うフォルダーに移動したり、削除したりします。共有ノートブックは常に最新のものに更新されており、生徒が探している情報を見つけやすいように整理されています。

※ 本記事は 英語版ブログ記事 の翻訳です。

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す