ワークチャット機能で Evernote をコラボレーションに最適化

お知らせ

ワークチャット機能で Evernote をコラボレーションに最適化

2014/10/3 by Evernote Japan

2014/10/3 by Evernote Japan

コメント

Evernote は 1 日のあらゆる作業のためのワークスペースです。それは自分のデスク、会議室、出張先など場所を問いません。もちろん、単に作業を行うというだけではなく、そこから最良の結果を得ることが目的です。そのためには、チーム全体で協力することが必要になります。全員の力を合わせながら、方向性を決定し、アイデアを洗練させ、色々な問題を解決しなければなりません。

問題は、実際の「作業」と「コミュニケーション」の二つの要素が必ずしも完全につながっていないことです。例えば、Evernote で行っている作業を中断して連絡事項のやり取りなどを別のアプリケーションで行う場合、あるいは、他のメンバーがいつ読むか分からないメールを書いてから、その作業を再開するまで待つ必要がある場合などです。

私たちは、もっと良い方法があるはずだと考えました。共同作業とコミュニケーションを両立できる環境こそが、本当のワークスペースです。普段使っているツールそのものが、仕事の品質を高める効果を発揮するべきです。このような背景から、Evernote がチーム全員のアイデアを活かすワークスペースとなるために、新機能「ワークチャット」の開発が始まりました。

ワークチャット
ワークチャット機能では、自分の仕事に関係がある他のメンバーと Evernote 内で直接会話することができます。ノートやノートブックを共有したり、意見交換したり、感想をもらったり、同僚との様々なやり取りが瞬時に可能になります。相手は 1 人でも、何人でも構いません。参照が必要なノートまたはノートブックはチャット上に表示されるので、簡単に開いて見つけることができます。

WorkChat Logo

これらすべてをスムーズに機能させるために、単体のノートを閲覧・編集権限付きで共有できるようになり、そして無料ユーザもノートブックを編集権限付きで共有できるようになりました。さらに、誰かにノートをメール経由で共有するとワークチャットにも表示されるので、履歴を残しておくことができます。

Part_10_1

「人」というコンセプトを Evernote に組み込むことを決めた際、コミュニケーションをとることと、何が起きているかを知ることの両方が重要だと考えました。自分のチームで行われていることを全体的に把握するうえで、その組み合わせが必要だからです。デスクの反対側に座っている同僚に声をかけるように、気軽にコミュニケーションがとれることを前提にしました。

自分の周りで何が起きているかを認識することはとても大切です。なぜなら現実の世界がそうなので、Evernote の中でも同様であるべきです。

Part_4_1

近いうちに、共有中のノートに仲間の顔アイコンが表示されるようになります。これらの顔アイコンはお互いにアクセス可能なコンテンツに関わっているユーザを示します。この機能の便利な点は、閲覧しているノートのみならず、自分のノートリストやノートブックリストにも顔が表示されることです。自分が閲覧していない場合でも、同僚がどの作業をしているかが分かります。そこからはワークチャットで会話を始めたり、同僚の作業を確認したりできます。そしてすべてが Evernote 内で完結します。

今後の予定
今回の新機能は、Evernote の開発においても大きなステップになります。これまでは個人を対象とした最高の製品を作ることに注力してきましたが、複数人のチームでの共同作業に役立つ、真のコラボレーション機能を今年 11 月に実装します。ワークチャット機能は近日中にすべての主要なデスクトップ版、モバイル版および Web 版の Evernote でご利用可能になります。ぜひご期待ください。

Free

Evernote を入手する

日常生活の整理に、世界で最も便利な方法です。無料登録して、Evernote をぜひお試しください。

新規登録
このカテゴリの記事を見る: 'お知らせ'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

1 件のコメント RSS

この記事に対するコメントを残す

  • 廣瀬孝浩

    パソコン初心者の私にも分かりやすい、操作テキストはありませんか?