仕事での利用

Evernote でとる議事録

Evernote でとる議事録

2015/3/5 by 清水 麻遊

2015/3/5 by 清水 麻遊

コメント

以前無駄な打ち合わせをなくすためのコツをまとめましたが、どうしてもなくせない会議が存在するのも事実です。今回は Evernote で議事録をとることで生産性を高め、ミーティング中の議論やその後の作業をスムーズにする方法をご紹介します。

テンプレートとメモで効率アップ


会議が始まる前にテンプレートに従ってアジェンダを作り、前もって参加者に共有。Evernote Business をご利用ならわざわざ共有の操作を行わなくても、ビジネスライブラリ内のノートブックに保存すれば自動的に共有されます。

何をするための話し合いで、何を決めたいのかを考えましょう。情報の置き場所として 1 つノートを作っておくと、企画の全容が把握しやすく、関連資料の一括管理も楽です。他の人にも書き込んでもらえば、共同作業がスムーズになります。

【議事録】テンプレート例はこちら

プレゼンテーションモード

会議が始まったら、議事録ノートをプレゼンモードでプロジェクターに投影(プレミアム機能)。わざわざ PowerPoint で資料を作らなくても、議事録をプレゼン形式で表示できるので時間を節約できます。

会議の録音


会議に参加できない人がいる場合、後で確認できるように念のため録音。議事録ノート内上部のマイクボタンを押すと録音でき、同じノート内に音声を保存できます。

ホワイトボード・ふせんの撮影

会議やブレインストーミングが終わったら、メモをとったホワイトボードやポスト・イット® ノートをスマホの Evernote で撮影。議事録ノートを iPhone か Android の Evernote で開き、編集・写真撮影すれば同じノートに添付できます。

リマインダーとチェックリストでタスク管理


可能であれば、会議の終わりに担当者と日付を入れたチェックリストを作ってしまいます。誰が何をいつまでにするのか決定して意識を共有することで、なんとなく時間が経ってしまうことを防ぐと効率が上がります。忘れたくない締切はリマインダーをセットしておくと安心。

無駄やストレスをなくして、密度の濃い打ち合わせをこころがけましょう。

business

Evernote Business

会社でのご利用に最適です。通常の Evernote に、さらに便利な共有機能が加わります。

詳細はこちら
このカテゴリの記事を見る: '仕事での利用'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

2 コメント RSS

この記事に対するコメントを残す

  • 谷川

    議事録はプレミア会員のみでしょうか?
    いまMac 10.8.5を利用中です。

    • mtakahashi

      本件、サポートチケットを発行いたしました。
      別途、担当者にてご対応をさせて頂きます。
      よろしくお願いいたします。