チェックリストを使う

使い方と事例

チェックリストを使う

2015/10/13 by 中川 浩孝

2015/10/13 by 中川 浩孝

コメント

チェックリストは「やるべきこと」を管理するのに、とても便利な方法です。Evernote に作っておけば、デスクトップでも、スマートフォンでも、いつでも使えるので便利です。仕事の ToDo はもちろん、パーソナルな事柄もチェックリストにして、状況をいつでもどこからでも一覧できるようにしておきましょう。

どういうときに使うと便利?

チェックリストは以下のようなことに活用すると便利です。

  • ToDo リスト:日々のタスク管理に。日付順や優先順にまとめておけば、効率よくこなせます。
  • 旅行用パッキングリスト:絶対必要なパスポートやお金だけでなく、忘れがちな充電器や目薬など、身の回りの小物もリストに。一旦作っておけば、また次の旅行にも再利用できます。
  • 目標リスト:今年達成したいこと、人生における大きな指標、日々忘れがちなモットーなど。方向調整やモチベーションの継続に。
  • 読書リスト:気になる書評を見かけたら、題名や装丁にハッとしたら、とりあえず追加。待ち合わせや移動中の空き時間に本屋でチェック、読んだら感想や★評価をしても。
  • 買い物リスト:買い物に行く前に買いたい物をリスト化。また、普段からリスト化していくとなお便利です。例えば、トイレットペーパーがもうすぐ切れそうだったら、トイレットペーパーをリストに入れておけば、次に買い物に行くときに買い忘れを防げます。家族で共有すれば、さらに便利。
  • 観たい映画リスト:「思い出した時には上映が終わっていた」ということがないように、新作レビューを見たらリストに追加。古い映画もリスト化しておけば、いざ借りる時の時間短縮に。
  • 欲しいものリスト:好きなだけ夢のリストに放り込んでおきましょう。見て楽しいだけでなく、誕生日に欲しいものを聞かれた時の候補にも。
  • 行ってみたい場所リスト:新しくできた近所のレストランから世界遺産まで、いつか行きたい場所をリストアップ。

checklist

チェックリストの作り方

ノート編集メニューにチェックボックスのボタンがあります。デスクトップ版では、ショートカットキーも使えます。(Control + Shift + C(Windows)・Command + Shift + T(Mac))

(iPhone の場合)
画面下の「リスト」をタップし、チェックボタンをタップします。
taslist-ios1
(Android の場合)
画面上の「テキスト」をタップし、画面下のチェックボタンをタップします。
checklist_android
(Windows の場合)
ノート上部メニューのチェックボタンをクリックします。
Toolbar_Windows
(Mac の場合)
ノート上部メニューのチェックボタンをクリックします。
checklist_mac

チェックボックスをクリックすると、チェックを入れたり外したりできます。Evernote の同期により、チェックボックスの状況も同期されますので、どのデバイスからアクセスしても、最新状態のチェックリストを見ることができます。自宅では Mac で、残りを iPhone でチェック、といったことも簡単です。

チェックリスト項目の検索方法

Evernote の検索ボックス内に以下の文字列を入力することで、リストノートすべて、あるいはチェックが完了していないノートだけの抽出ができます。

  • チェックの入っていない項目があるノートを検索:「todo:false」と入力
  • チェックボックスがあるノートすべてを検索:「todo:*」と入力

リマインダーも活用

チェックリストだけではなく、リマインダーもあわせて活用すると、より効率的にタスク管理できます。

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す