Evernote Business の管理機能・セキュリティ

仕事での利用

Evernote Business の管理機能・セキュリティ

2016/1/28 by Evernote Japan

2016/1/28 by Evernote Japan

コメント

すでにお仕事に Evernote をお使いの方も多いと思いますが、会社・チームでご利用の場合は Evernote Business をおすすめします。Evernote Business なら、Evernote プレミアムのすべての機能が使える上に、管理者向けのツールと、チームで使うためにさらに便利な機能がご利用いただけます。

Evernote Business 管理コンソール

「管理コンソール」は、Evernote Business のアカウント情報、ユーザ、コンテンツなどを管理するツールです。管理コンソールにアクセスできるのは、Evernote Business アカウントの管理者のみです。

管理コンソールでは、以下のような操作が可能です。

アカウントの概要を表示
Evernote Business に参加しているユーザ数、ビジネスノートブック数、同月の利用量(アップロード量)など、あなたの会社のアカウントの概要が一覧できます。

ユーザの追加・管理
個別に招待状を送信してユーザをあなたの会社の Evernote Business に招待したり、あるいは、会社のドメインが入ったメールアドレスを入力すると自動的に承認する設定も行えます。ユーザの削除、管理者権限の付与・取り消しも、もちろん可能です。

監査
「アクセス履歴」には、ユーザが Evernote Business のコンテンツにアクセスするたびに、ユーザの名前、使用したアプリケーションクライアント、IP アドレス、アクセスした日付・時間が記録されます。

ビジネスノート、ノートブック、タグ、ゴミ箱を表示・管理
ユーザが作成したすべてのビジネスノートブックを管理できます。例えば、ビジネスノートブックのコンテンツをエクスポートしたり、ビジネスノートブックを削除したり、別のユーザに共有したりすることも可能。共有されたビジネスノートの管理や、タグの変更・削除、ゴミ箱に入ったノートの復元や削除も行えます。

Salesforce 連携
会社で Salesforce をお使いでしたら、Evernote Business との連携が可能です。例えば、Salesforce 内の取引データと、Evernote に保管してあるその取引に関連したノートをひとつの画面で見ることができるようになります。

詳細なインストール手順やビジネスアクセスコードなどが記載されています。

セキュリティ

シングルサインオン (SSO)
Evernote Business でシングルサインオン(SSO)認証をご利用いただけるよう、Security Assertion Markup Language (SAML) をサポートしています。この機能により、ユーザが普段使用しているメインパスワードで Evernote Business にログインすることも可能になります。また、パスワードの長さやルールを社内ポリシーに合わせたり、セッションタイムアウト時間の設定、2 段階認証の使用などもできます。

Evernote Business を活用して、あなたのビジネスをもっと効率的にしましょう。さらに詳しい情報を知りたいみなさまのために、全国でセミナーを開催中です

Evernote Business 導入に関するお問い合わせはこちらからどうぞ

business

Evernote Business

会社でのご利用に最適です。通常の Evernote に、さらに便利な共有機能が加わります。

詳細はこちら
このカテゴリの記事を見る: '仕事での利用'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す