整理収納アドバイザー山口さんに聞く、Evernote を使ったデジタル収納・子育て術

使い方と事例

整理収納アドバイザー山口さんに聞く、Evernote を使ったデジタル収納・子育て術

2016/2/2 by 山田井ユウキ

2016/2/2 by 山田井ユウキ

コメント

かたづけようとしているはずなのにどんどんクローゼットや引き出しに物がたまってしまうーー多くの人が抱えるそんな悩みを解決する仕事が整理収納アドバイザー。兵庫県尼崎市で活動されている山口麻里さんもその一人です。2015 年から本格的に整理収納アドバイザーとしてのキャリアをスタートさせた山口さんならではの整理ツールが Evernote。いったい、どんなふうに使われているのでしょうか。Evernote を活用したデジタル整理収納術を伺いました。

紙類はすべてスマホでスキャンして Evernote へ

ーー山口さんは 2015 年から整理収納アドバイザーとして活動を始められたと伺いました。きっかけは何だったのでしょう。

山口:主人が工務店をやっていることもあり、整理収納アドバイザーの資格をとってみたら、ハマりまして。現在はブログで情報発信をしたり、定期的に「お片づけ講座」を開いたりしています。

ーーEvernote の講座も開かれていますよね。

山口:「主婦のための Evernote 活用術講座」を開催していますね。Evernote はアカウントを 2〜3 年くらい前にとっていたのですが、本格的に使い始めたのは 2015 年の夏くらいからです。というのも、Evernote が整理収納に役立つのではないかと思ったからなんです。

11667434_1613973302212374_997425964702882231_n

ーー山口さんの使い方を教えていただけますか。

山口:最初はガーデニングをする際に庭の写真を撮って、何をどこに植えるのかを考えるのに使っていました。現在はもっと用途が増えていて、育児から仕事まで幅広く使っています。まずは紙ものの整理ですね。子どもが描いた絵や学校のプリント類などをスマートフォンのスキャンアプリでスキャンして入れています。提出日など期限があるものについては、リマインダーを設定して忘れないようにしています。

ーーノートブックで整理を?

山口:そうですね。たとえば小学校で使うプリントなどは、「育児」というスタックの中に「小学校」などのノートブックを作って整理しています。

883841FE-7C40-45F8-AFDC-2FD1A6355257

ーータグは使われますか?

山口:使います。ノートブックとタグの両方で整理しています。先ほどのノートであれば「小学校」というノートブックから探すこともあれば、タグから引っ張ることもあります。自分がどんなやり方で情報を探すのかをイメージしてタグづけをしています。紙ものですと、ほかにはレシピや保証書、クレジットカードの明細、雑誌や新聞の切り抜き、チラシ……など本当にさまざまです。今までは紙で集めておくタイプだったのですが、それだと結局たまる一方で見ることがないんですよね。それはわかっていても、不安だから置いておきたいという(笑)。

ーーその気持ち、わかります(笑)。

山口:Evernote に入れるようになって、紙類は減りましたね。もちろん、Evernote に入れたからって後から見るかどうかは怪しいですよ(笑)。だけど Evernote はかさばりませんからね。

服の写真を撮って「クローゼットの見える化」

ーー紙類以外ですと、どんな整理に使われていますか?

山口:クローゼットにしまってある服をすべて撮影して Evernote に入れています。こうすると、今どんな服を持っているかがひと目で一覧できるんです。買い物に行ったときに似たような服をもう持っていたっけ……と悩むことありませんか? そんなときに確認できて便利ですよ。私は「クローゼットの見える化」と呼んでいます。

ーークローゼットの見える化、ですか?

山口:整理収納でよく使われる言葉です。クローゼットの前に立って中を見たとき、どんな服があるのかがわかるように整理するというのが本来の意味です。でも、私は Evernote を使うことで外出先からでも見える化できるようにしているんです。

2

ーーなるほど、クラウドサービスの Evernote ならではですね。

山口:自分自身の服だけならまだ覚えられるかもしれませんが、子ども服などの整理までやり始めると大変です。子ども服は回転が速いですし、すぐサイズアウトしますからね。そんなときに Evernote での「クローゼットの見える化」は役立つと思います。実は最近、デジタル収納(書類の整理やクローゼットの見える化など)のレッスン&サポートを始めました。お困りの方は、ぜひお気軽にご相談いただきたいと思っています。

チェックボックスを活用して子どもの ToDo と成長記録をつける

ーーお子さんといえば、ToDo にもお使いいただいているということですが。

山口:はい。娘の ToDo リストに Evernote を活用しています。その日やることをノートに書き出して、チェックボックスをつけておくんです。寝る前に娘が自分のタブレットでチェックボックスにチェックを入れていきます。次に娘の写真を撮って、その写真に娘が Evernote の描き込み機能で今日の点数を自己採点して書き込みます。やるべきことができていれば高得点……のはずなんですが、自己採点だとだいたい 80 点以上なので、「今日は違うでしょ!」ってこともありますけどね(笑)。

ーー(笑)。そうやって記録がたまっていくのはいいですね。デジタルなので紙もたまりませんし。

山口:毎日の写真に、その日やったことをつけて保存しておくと、後から見返したときに成長の記録にもなるんですよね。ちなみにノートのタイトルには日付と、その日に起きたことを簡単に入れておくのがおすすめです。

ーー娘さんも楽しんでやっていらっしゃいますね。

山口:チェックボックスにチェックをするという作業が楽しいみたいですね。以前はやることリストをプリントアウトしてラミネート加工していつでも見られるようにしていたのですが、ただ見るだけでなく、自分でチェックするなどの能動的な要素がある方がゲーム感覚で楽しめるようです。

tasklist

ーーちなみに娘さんも Evernote アカウントを?

山口:はい、娘用のアカウントがあります。ToDo ノートブックは共有しています。

ーーまさにデジタルネイティブですね。山口さんご自身も Evernote で ToDo 管理をされているのですか?

山口:私も Evernote を使っていますね。チェックボックスも使いますし、スケジュールをまとめたスプレッドシートを貼り付けて月間の予定を把握するようにもしています。カレンダーではなくスプレッドシートを使うのは、ガントチャートが作り込めるからです。それから、簡単な日記なんかを書き込むこともありますね。

講座でもそれ以外でも。Evernote ならどこにいても情報を引き出せる

ーー続いてお仕事での使い方を教えていただけますか。

山口:よく使うのは、自宅で講座を開くときにお客様にお送りするマップですね。駅から自宅までのルートを Evernote に書き込んでおいて、共有リンクでお伝えしています。ほかには、講座の中でも使いますね。たとえばお客様に引き出しの写真を撮ってきていただいて、これをあらかじめ Evernote に入れておきます。講座当日はその写真をスライドで映しながら、どうやって改善していくか話し合うという流れです。

17583

ーー映し出すのは、PC を使って?

山口:PC にも Evernote を入れているので、そうすることもありますし、スマートフォンからそのままプロジェクタに映してしまうことも多いですね。資料を Evernote に入れておくメリットはほかにもあって、外出時に質問が来ることも多いんですね。そういうときにサッと情報を取り出せるのは便利です。Evernote なら、入れておくデータ量も気にしなくていいですしね。

ーーそのほかにはどんな使い方を?

山口:子どものお薬データを保存したり、欲しいものやお取り寄せリストなどを入れたり……仕事もプライベートも関係なく使っています。一度入れてしまえばメンテしなくてもいいですし、テキストでも画像でも音声でもなんでも入るのは整理収納ツールとしての大きなメリットだと思います。

ーーありがとうございました!

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す