話し上手の近道に Evernote とスマートフォン

仕事での利用

話し上手の近道に Evernote とスマートフォン

2016/7/21 by NTTドコモ

2016/7/21 by NTTドコモ

コメント

この記事は NTTドコモによる寄稿です。
NTTドコモ ビジネスプラス Evernote Business

話し上手は出世上手

人前で話すことは、意外と重要です。

社会人で出世する人の共通点として、人前で話すことが上手、ということがよく言われます。確かに、社内のプレゼンで他の人を納得させるような話ができれば、人を動かすこともできますし、信頼感もあがります。社長になるような人は特に人前で話すのが上手な印象です。例えば故スティーブ・ジョブズは、プレゼンで人の心を動かす話し上手の代表だと言えるでしょう。

効率のよい練習方法は録音して聞くこと

話の上手い人はどのように上達しているのでしょうか?

もちろん場数を踏むことでうまくなりますが、人前で話す機会を待つよりも効率的なやり方があります。それは自分の話を録音し、自分で聞くセルフチェックです。最初は録音した自分の声に違和感があるものですが、セルフチェックならいつでも練習できますし、リラックスした時の話し方がわかります。自分の声に違和感がなくなったとき、上手くなったという自信につながるでしょう。

スマートフォンと Evernote は練習に最適なツール

録音するには、かつてはテープレコーダーや、ICレコーダーが主流でしたが、保存容量が限られるのがネックでした。スマートフォンとクラウドを連携させ、音声の保存先をクラウドにすれば、今までのように容量を気にする必要はありません。

そして Evernote を使えば録音が簡単。クラウドサービスとの連携も自動的にされます。通常の録音アプリだと、スマートフォン本体に保存されるため、容量が圧迫されます。クラウドにその録音データを移すのも、意外に面倒です。しかし Evernote ならノートの録音ボタンを押すだけで録音開始、録音終了後は自動的にクラウドに保存されます。しかも累積の保存容量は無制限なので、ほぼ無限に録音することが可能です。

スマートフォンと Evernote が話す練習に良いポイント

  • 操作が簡単
  • 保存容量が無制限
  • いつでもどこでもできる
  • 他の人と共有も簡単

あなたの会社にもし話し上手の人がいたら、ぜひ Evernote で録音してもらい、チームで共有しましょう。ノートブック共有が簡単にできる Evernote Business なら、会社の資産としても残ります。

英語の「聞く・話す」課題に Evernote Business

実は学校の英語教育の現場で、すでにこの Evernote の録音機能を活用している事例があります。

大阪成蹊女子高等学校では、Evernote Business を特進クラスで導入し、英語の「聞く・話す」課題に Evernote とタブレットを利用しています。課題提出用のノートブックを先生と生徒で共有し、生徒が自分の好きなときに英語の発音を Evernote とタブレットで録音し提出。先生は空いている時間に録音をチェックし、そのまま同じノートに評価内容を音声で録音する、という効率の良い使い方をしています。詳しくはこちらの事例紹介を御覧ください。

Evernote Business を授業に活用したい、という声にお応えして、ドコモから学校向けのプランを開始しました。通常価格よりもお安く導入できるので、ぜひこの機会にご検討ください。

business

Evernote Business

会社でのご利用に最適です。通常の Evernote に、さらに便利な共有機能が加わります。

詳細はこちら
このカテゴリの記事を見る: '仕事での利用'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す