表を活用

使い方と事例

表を活用

2016/12/8 by 中川 浩孝

2016/12/8 by 中川 浩孝

コメント

Evernote のノートに表を挿入できるのはご存知ですか?

表の挿入

ノート本文を編集中に上部に表示される書式ツールバーで「表」のアイコンをクリックすると、最大 6 × 6 の表を選択して、表を挿入できます。また、表のプロパティ…を選択すれば、行数・列数や色を自由に選択してから表を挿入することもできます。

table1

Evernote for Windows・Mac では、表の挿入後に表をカスタマイズすることも可能です。

列・行を増やす・減らす

最初に表の列数・行数を指定できますが、後から変更したいこともあると思います。

変更したい列、あるいは行で右クリックして、メニューを表示します。「表」を選択すると、列を左(あるいは右)に挿入、行を上(あるいは下)に挿入、列または行(または表全体)を削除のメニューが表示されます。
table2

色・太さの変更

また、Mac 版 Evernote では、罫線の色・太さや、背景色が変えられます。

変更したい表の上で右クリックして、メニューを表示します。「表」を選択し、「表のプロパティ」を選択してください。
table3

表の枠の色、太さが決められるほか、背景色も自由に選択できます。
table5

表の枠の色を白にすれば、段組表示のように使うことも可能です。
table4

Evernote アカウント

メモや画像を保存して、パソコンやスマホで閲覧

無料で登録
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す