不要になったノートを整理してみませんか?

使い方と事例

不要になったノートを整理してみませんか?

2017/6/13 by 中尾 大亮

2017/6/13 by 中尾 大亮

コメント

Evernote のノートには、メモや写真、メール、Office 系ファイル、Web ページ、スキャンした書類、名刺、音声メモなど、何でも保存することができます。どれも自分が必要な情報として Evernote に入れたはずですが、長く使い続けるうちにノート数が 8,000、9,000、10,000・・・と大量に溜まってくると、探している情報をすぐに見つけるのが段々と難しくなる場合があります。情報を探すことに多くの時間を費やしているようでは、生産性向上という Evernote の本来の目的を達成できません。物理的なスペースと同じように、Evernote の中も定期的に整理してみてはいかがでしょうか?

不要なノートを見つける

作成して以来 1 回も閲覧していないノートや、情報が古くて使い道が無くなったノートもそれなりにあると思います。まずは不要だと思われるノートを探してみてから、今後も必要にならないと判断したものは削除しましょう。

「無題」のノートを検索
意外と多いのが、メモをとるために新規ノートを作成したけれども、その後はすっかり忘れてしまったパターンです。自分の Evernote アカウントで「無題」(または「untitled」)と検索してみてください。

Search_Untitled_Mac

古いノートから順番に確認
作成した日付が一番古いノートから順に確認すると、自分の記憶には無かった不要なノートがたくさん見つかるかもしれません。

  • Mac の場合: ノートの表示オプションで [並べ替え] → [作成日] と [古い順] を選択してください。

OldNotes_Mac

  • Windows の場合: ノートの表示オプションで [ノートの並べ替え] → [作成日] を選択してください。

OldNotes_Win 注: 古い順に表示されない場合、[並び順を反転] にチェックが入っていないことを確認してください。

高度な検索機能を利用する
Evernote では、ノートの属性から検索することも可能です。例えば、検索ボックスに以下のように入力してみてください。

入力する文字列 検索結果
source:web.clip Web クリッパーで作成されたノート
resource:application/pdf PDF が含まれたノート
source:mail.smtp メール転送機能で作成されたノート

その他の検索構文に関する詳細は、こちらのヘルプ記事をご参照ください。

重複するノートの発見
プレミアム版または Evernote Business をお使いの方は、関連ノートを自動表示するコンテキストという機能があります。この機能により、内容が重複しているノートが見つかることもあります。全く同じ内容のノートを発見した場合は、内容を確認したうえで、どちらかを削除しましょう。

Found_Duplicate_Context

もしもノートを誤って削除してしまったという場合でも、ご安心ください。自分の Evernote アカウントのゴミ箱から復元することができます。

ノートブック単位でバックアップをとる

ノートを完全に削除してしまうのは少し不安だという方は、バックアップ用データを Evernote の外に保管する方法もあります。もしかしたら自分のノートブックリストを確認した時に、名前を見ただけでは中身がわからない昔のノートブックがあるかもしれません。その場合は、中身を確認したうえでバックアップ保存するか削除するかを判断してください。

詳しい操作方法につきましては、こちらのヘルプ記事をご覧ください。

Evernote for Mac・Windows でノートブックの「エクスポート」を選択すると、ENEX ファイル(拡張子 .enex)が出力されます。このファイルをパソコン、外付けハードディスク、または Google ドライブや Dropbox のようなストレージサービスに保存すれば、元のノートブックは Evernote から削除してかまいません。ENEX ファイルをダブルクリックするだけで、後からいつでも Evernote アプリにノートブックごと復元できます。

Premium

Evernote プレミアム

毎月余裕の 10GB 保存+Evernote の全機能が使える決定版

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す