ノート共有とノートブック共有の使い分け

使い方と事例

ノート共有とノートブック共有の使い分け

2017/6/27 by 中川 浩孝

2017/6/27 by 中川 浩孝

コメント

Evernote に集め、まとめた情報やアイデアは、自分のためだけでなく、人に簡単に共有することができます。まずは、ノートを共有するか、ノートブックを共有するか、を考えてみましょう。

ノートの共有は、あなたが作成したノートを誰かに見て欲しいときに便利です。

  • 買い物リストを外出中の家族に送る
  • 作成中の文書内容を他の人に確認してもらう
  • 会議資料や議事録を参加メンバーに配布する

一方、ノートブックの共有は、まとめて様々な情報をシェアする時、共同作業や継続的な情報共有をする時に便利です。例えば、

  • 旅行先で行きたい場所・店を、一緒に旅する友達とノートブックに追加していく
  • プロジェクトに新しく入ったメンバーに関連資料を共有する
  • 業界の最新ニュースのクリッピングを部内で共有する
  • 定例ミーティングの議事録を保管する

などです。

なお、Evernote を使ってチームで共有する際には、Evernote Business が最適です。Evernote Business なら、チーム内のすべてのメンバーがアクセスできるノートブックを作成することができますので、メンバーが増える度にノートブックに招待する必要もなくなります。もちろん、必要なメンバーだけが参加できるよう、個別にノートブックを共有することも可能です。

今回は、デスクトップの Evernote でノート・ノートブックを共有する方法をご紹介します。

簡単なノート共有方法

誰かにノートを見せたいとき、その相手が Evernote を使っているかを意識せず、簡単に公開する方法です。公開リンクをコピーし、メール・チャットアプリなどに貼り付けて、共有したい相手にお知らせください。

Windows 版の場合
ノート右上の下向き矢印をクリックし、「共有」の右側の下向き矢印をクリックし、「共有 URL をコピー」を選択します。nnb_sharing_1

Mac 版の場合
ノート右上の「共有」ボタン右側にある下向き矢印をクリックし、「公開リンクをコピー」を選択します。nnb_sharing_2


Web 版の場合

ノート右上の共有ボタン右側にある下向き矢印をクリックし、「リンク」を選択します。nnb_sharing_3

より高度な共有方法

閲覧権限のほか、編集権限、あるいは、他の人をノート・ノートブックに招待できる権限を付与することも可能です。

Windows 版の場合
ノートの共有は、ノート右上の下向き矢印をクリックし、「共有」をクリックします。
nnb_sharing_4

ノートブックの共有は、画面左側のノートブック一覧から共有したいノートブック上で右クリックして、表示されるメニューから「ノートブックを共有…」を選択します。
nnb_sharing_5

Mac 版の場合
ノートの共有は、ノート右上の「共有」をクリックします。
nnb_sharing_6

ノートブックの共有は、画面左のメニューでノートブックを選択し、右側に表示されるノートブック一覧から、共有したいノートブック上にカーソルをあわせ、表示された「共有」をクリックします。
nnb_sharing_7

また、画面左のメニューでノートブックリストを表示している場合は、そこで共有したいノートブック上で右クリック(control + クリック)でコンテキストメニューを開き、「ノートブックを共有…」を選択することもできます。

Web 版の場合
ノートの共有は、ノート右上の「共有」をクリックします。
nnb_sharing_8

ノートブックの共有は、左側のメニューからノートブックを選択、共有したいノートブックを選択し、表示されたノートブック名の下の「共有」をクリックします。
nnb_sharing_9

上記の操作により、共有したい相手の名前・メールアドレスを入力し、共有権限を選択するダイアログが表示されます。画面の指示に従って、操作してください。

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す