Evernote プレミアムでスキャナをもっと活用

使い方と事例

Evernote プレミアムでスキャナをもっと活用

2017/11/2 by 中尾 大亮

2017/11/2 by 中尾 大亮

コメント

気が付けば溜まっていた書類、手書きメモ、レシート、名刺などをまとめてデジタル化するのに便利なドキュメントスキャナ。これらの紙類のデータを保存する場所として多くのユーザに選ばれている Evernote ですが、スキャナをお持ちの方からは「有償版の Evernote プレミアムではどんなメリットがあるのか?」というご質問をよくいただきます。スキャナで読み取ったデータをさらに活用するために、Evernote プレミアムがどのように役立つかを具体的にご紹介します。

1) ノートの上限サイズが 200 MB に増量

ベーシック版(無料)では 1 ノートあたりの大きさが 25 MB までに制限されるのに対し、プレミアム版ではその 8 倍の 200 MB に増えます。枚数が数百ページを超える原稿をスキャンしたり、写真や画像が多く含まれる原稿をカラー設定でスキャンしたりすると 25 MB では足りない場合があるので、プレミアムなら安心です。

2) 月間アップロード容量が 10 GB に増量

毎月の合計アップロード容量がベーシック版(無料)の 60 MB から大幅増となる 10 GB に増えるので、Evernote の容量を心配せずにスキャンを続けることができます。

3) どの端末からでもスキャンデータが閲覧可能

ベーシック版でデータを同期できる端末は 2 台までに制限されますが、プレミアム版にはこの制限がありません。スキャンしたデータはお持ちのすべてのパソコン(Windows、Mac)、スマートフォンおよびタブレット端末(iPhone・iPad、Android)からいつでも参照することが可能です。

4) 画像と PDF の両方が検索可能

スキャナで読み取ったデータのファイル形式は通常、PDF(文書)または JPEG(画像)です。Evernote では画像内の文字を検索できますが、プレミアム版なら PDF ファイルに含まれる文字まで検索可能になります。

5) スキャン → PDF に注釈を追加できる

スキャナから Evernote に取り込んだデータが PDF の場合、その PDF ファイルに注釈を入れることができます。単に原稿をデジタル化するだけでなく、そのデータにさらにコメントやスタンプなどを加えることで、例えば指摘事項を強調したり、業務の指示出しといった用途にも活用できるようになります。
PDF 注釈機能に関する詳細はこちら >>

いかがでしたでしょうか?ベーシック版と比べた場合に、スキャナで取り込んだデータの活用の幅が大きく広がるのが Evernote プレミアムです。

=====

キャンペーンのお知らせ

evernote300x250(banner202)

Evernote との相性が最も良いドキュメントスキャナとして知られる「ScanSnap」シリーズ(PFU 社)の累計出荷台数 1,000 万台突破を記念して、対象の ScanSnap をご購入いただくと Evernote プレミアム 1 年分がもれなくもらえるキャンペーンを実施中です。
職場や自宅に溜まった書類を一気に整理するためにスキャナの購入をお考えの方は、ぜひこの機会をご利用ください。キャンペーンの詳細はこちらのページをご覧ください。

Premium

Evernote プレミアム

毎月余裕の 10GB 保存+Evernote の全機能が使える決定版

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す