モチベーションを高める 7 つの方法

使い方と事例

モチベーションを高める 7 つの方法

2018/3/8 by 間島ゆかり

2018/3/8 by 間島ゆかり

コメント

ビジネスパーソンにとって「モチベーション」は、仕事の生産性や満足度を左右するもの。一般にモチベーションとは、「物事を行うための動機や意欲になるもの」を示す言葉ですが、モチベーションを維持・向上するには、外的要因と内的要因の 2 種類が必要だと言われています。

外的要因には、給料やボーナス、表彰、人間関係、企業理念などがある一方、内的要因には、仕事のやりがいや達成感、成長している実感、楽しさといったものが含まれるそうです。どちらも大切なものではありますが、インセンティブや会社の方針などはすぐに変えることが難しいもの。

そこで今回は、内発的な動機付けによって、モチベーションを向上させるための 7 つの方法をご紹介します。

1. 嫌なことを書き出す

モチベーションが低くなってしまう要因の一つは、心の中にネガティブな感情が溜まっているから。そんな時は、どんなことがストレスなのか?何に不安を感じているか?などを考え、ノートに書き出してみましょう。次に、なぜ?を繰り返して、自問自答を続けていきます。

たとえば、「転職したい」→「仕事が単調で面白くない」→「データ集計だけでなく分析もしてみたい」→「データ分析の方法を本を読んでみよう」というように、悩んでいることへの解決策やヒントが見つかるかもしれません。また、書き出すこと=心のモヤモヤを吐き出すことなので、書いたあとには心が軽くなることも期待ができます。

2. タスクを細分化する

人は、未知のものや予測できないものに対して不安を抱きがちです。大きなプロジェクトのリーダーになったり、初めての仕事を任されたりすると、「自分にできるだろうか?」と不安になってしまうという方も多いと思います。

そんなときは、タスクをできるだけ細分化して、一つ一つに期限を設けましょう。たとえば、「新規顧客への提案書を作成する」という大きなタスクは、「顧客について調べる」「顧客にヒアリングを行う」「過去の提案書を参照する」「上司にレビューしてもらう」などより細かいタスクに分けられます。

細分化することで自分がすべきことの見通しが立ち、「これならできそうだ」と思えるでしょう。また、一つタスクが完了したら、チェックリストなどでチェックすることも忘れずに。進捗を見える化することで、「計画通りに進んでいる」という安心感が生まれます。

3. 心に響く言葉を読み返す

著名人やスポーツ選手のインタビュー記事に元気付けられた、お客様からメールや手紙で感謝の言葉をもらった、雑誌やネットでハッとする言葉に出会った…こうした経験はよくあるのではないでしょうか?名言や格言だけでなく、人から言われて嬉しかった言葉なども、普段からメモしておくのがおすすめです。

メモするものは手帳でも Evernote でも良いのですが、自分が必ず持ち歩くものに書くのがポイント。仕事でミスしてしまったり、上司に怒られたりした時に見返すと、「もうちょっと頑張ってみよう」とやる気が湧いてくるはずです。

4. 心地よい仕事環境を作る

仕事へのやる気というのは、環境を少し変えるだけで湧いてくることがあります。机が散らかっているなと思ったら片付けてみる。逆に殺風景だなと感じていたら、好きな写真やグッズを飾ってみる。

また、お気に入りのカフェやコワーキングスペースなど、いつもとは違う場所で仕事をしたり、フリーアドレスの会社であれば座席を変えてみるのも良いでしょう。

ちなみに Evernote では、時々チーム全員で貸し会議室などに出かけてミーティングをすることがあります。環境を変えることで脳がリフレッシュして、新しいアイデアが浮かびやすくなるのでおすすめです。

5. 「成長している」という実感を持つ

「この仕事に何の意味があるんだろう」と悩んでしまう時期は誰しもあるもの。特に、大きなプロジェクトの中の小さな作業だけを任されている場合などは、その作業へのやりがいを感じにくいと思います。

そんな時は、プロジェクトリーダーや上司・先輩に、自分の仕事がプロジェクト全体にどう役立つのかを聞いてみましょう。全体を知ることで、「この作業がちゃんとできたら、来年はあの作業を任せてもらえるかもしれない」と未来への意欲が湧いてくるかもしれません。

さらに、「成長している」という実感を持つため、定期的にキャリアの棚卸しをすることもおすすめ。「一人で商談に行ける」「請求書の作成ができる」など細かいことでも記録しておくと、見返したときに少しでも成長している実感が得られるはずです。

6. 適度にリフレッシュする

毎日休みなく働いていると、体も頭も疲れ切ってしまって、やる気を出すのが難しくなってしまいます。「ちょっと疲れてるかも」と思ったら、適度にリフレッシュするのが大切。仕事中であれば、軽くストレッチしてみたり、外の空気を吸ったり、甘いものを食べて脳にエネルギーを送ったりするのも良いでしょう。

休日や有給などをうまく使って、定期的に旅行に行くのも良いと思います。なかなか休みが取れない!という方は、休暇の事前ブロックがおすすめ。「この日は休みます!」と周りにも宣言することで突発的な予定が入るのを防ぎ、仕事もそれに向けて効率的に進めることができます。

7. とにかくやってみる

ここまで書いたことと少し矛盾するかもしれませんが、どうしてもモチベーションが上がらないけど期限が決まっているという場合は、「とにかく始めてみる」というのも一つの手です。

たとえば、「部屋が散らかってるから、まずは机の上を片付けよう」と作業を始めたら、いつの間にか床の掃除や、不要なものの整理など、本格的に掃除をやっていたという経験はありませんか?

仕事でも同じように、「まずは 5 分だけやってみよう」と作業に着手します。すると、だんだんとやる気が生まれ、「やっぱりここまでやってしまおう」という気持ちになってきます。

いかがでしたか?今回ご紹介した 7 つの方法は、今日からでも実践できるものです。ぜひ気になるものを試して、自分に合う方法を見つけてみてください!

Premium

Evernote プレミアム

アップグレードすると、仕事・プライベートでさらに活用できます。

プレミアム会員になる
このカテゴリの記事を見る: '使い方と事例'
Support Info

製品に関するお問い合わせ、サポートをご希望の方は、サポートページからお問い合わせください。

この記事に対するコメントを残す